☆第1分冊 真面目な私を知りたい方のために


自己紹介

1948年に広島市に生まれました(南区向洋本町)。母は被爆者なので,私は被爆U世ということになります。1961年に広島市立青崎小学校を卒業(金本知憲は後輩),1967年に広島学院高等学校を卒業,1973年9月に京都大学医学部を卒業し,1年間大学病院で研修した後,兵庫県の公立豊岡病院精神科に勤務しました。豊岡病院では畏友石坂好樹と共に児童精神科外来を開設して診療しながら,2人で児童精神医学を学び合いました。
 その後1980年から1年間,碩学Michael Rutterの率いるロンドン大学精神医学研究所児童精神医学部門で児童精神医学を学び(と言いたいところですが,映画館にいる時間の方が長かったと思います),帰国して1981年より2010年3月まで京都市児童福祉センターに勤務しておりました。2010年4月からは非常勤の児童精神科医として,週に3日だけ京都市児童福祉センターで働きました。同時に,2005年から兼務していました京都市発達障害者支援センター”かがやき”のセンター長の職も辞しました。私の後任には村松陽子が就きました。
 常勤で在職した最後の年(2009年)に,日本児童青年精神医学会の第50回京都総会の会長に任ぜられ,私の信念に則り,製薬会社の寄付を断って総会を開催することができたことは望外の喜びでした。
 私の児童精神科医としての師は高木隆郎先生ですが,もし私に思想と言えるほどのものがあるとすれば,それはさらに3人の師に負うています。その3人を知った順にあげると,田川建三宇沢弘文,小澤勲となります。最もよく言葉を交わしたのは,,児童精神医学高木門下の先輩である小澤先生です(残念ながら2008年に鬼籍に入られました)。
 宇沢先生とは直に言葉を交わしたことはありませんが,1974年に上梓された岩波新書の『自動車の社会的費用』を読んだときには,とても大きな衝撃を受けました。その後,公共経済学関係の御著書は片っ端から読みました。さらにその後、御講演を聞く機会が2度ありました(立命館大学と同志社大学で)。
 しかし,何と言っても最も深甚な影響は,「神を信じないクリスチャン」田川建三先生から受けました(田川先生のホームページ)。田川先生の御著書は上梓される度に感動しながら読んできましたが,大著『書物としての新約聖書』と『新約聖書 訳と註』シリーズはじっくり読みたくて,退職してからのお楽しみにとっておきました。
 2010年3月末日に退職し,早速『書物としての新約聖書』を読み始めたのですが,非常勤で兼務することになった超高齢障碍者グループホームの副施設長の仕事が忙しくて(要するに両親の在宅介護,施設長は妻),恥ずかしながら読了するのに1年もかかってしまいました。引き続き、『新約聖書 訳と註』シリーズを読み進めています。
 宇沢弘文著『自動車の社会的費用』を勧めてくれたのは,厚労省の元事務次官の阿曽沼慎司君でした。彼は私の高校の2年後輩で,当時京都大学経済学部の学生でした。彼が大学受験した年は,東大の入試がなかった年です。そのために幸か不幸か京大に入学し,付き合いが始まりました(高校時代は接触はなかったのです)。下宿の隣の部屋が空いたので,彼を引っ張り込み,今日までの長いお付き合いが始まりました。彼は厚労省を退職後、iPS研究所を経て、京大理事になっています。(2019/10/14)


★最近掲載した文書

  1. 不登校新聞記事(2001年の不登校新聞279号に掲載されたものが出てきたので,とりあえずここに掲載します)
  2. 被災児・疎開児を息長く援助しよう(1995年4月6日朝日新聞「論壇」に掲載されたもの)
  3. 自閉症児のコミュニケーション支援の現状と課題(東洋館出版社刊:全日本特別支援教育研究連盟(編).特別支援教育研究,No.658,p.2-5,2012)
  4. 自閉症スペクトラムの療育と支援(星和書店刊:木隆郎(編)『自閉症−幼児期精神病から発達障害へ−』p.63-179, 2009)(2019.12.30一部修正)
  5. >自閉症スペクトラムにみられる「視覚優位」(星和書店刊:精神科治療学,25(12):1619-1629, 2010)(一部修正して再掲します)
  6. いじめについての私の意見(1999年に書いたものが出てきたので,とりあえずここに掲載します)
  7. 新氷山モデルとABCDEF分析(パワーポイントPPTファイルにしました)
  8. 記入用ABCDEF分析シート(エクセルファイルにしました)

★自閉症関連の文書

     
  1. 発達障害をめぐるコミュニケーション−自閉スペクトラムを中心に−(2015年花園大学心理カウンセリングセンター発達障害セミナー講演録より)
  2.  
  3. 自閉症だというだけで薬を出すものではない(日本評論社の「統合失調症のひろば」2014年秋号に執筆したもの)
  4.    
  5. 幼児期・学齢期の自閉症児への支援の基本(2013年九州自閉症協議会第20回大会基調講演)
  6. 視覚的コミュニケーション支援と強度行動障害(自閉症スペクトラム研究,vol 6, p.39-47, 2007)
  7. 自閉症スペクトラムの人への支援の基本(医学のあゆみ,217(10):973-978,2006)
  8. 自閉症と精神医学
  9. 自閉症といわゆる問題行動
  10. 自閉症協会千葉県支部での講演「自閉症スペクトラムについて」
  11. 2011年に児童養護施設つばさ園の機関誌に寄稿した文章
  12. 私の質問状に対する医学書院からの回答(訳者は誰かは明かしてくれなかった)
  13. DSM-5日本語版のASDの箇所について医学書院に出した質問状
  14. 発達障害と虐待(古文書かも。この題で書かれた物としては本邦初のはず。)
  15. 日本児童青年精神医学会第50回総会の印象記(児童青年精神医学とその近接領域,51(3):352-353, 2010)
  16. 日本児童青年精神医学会第50回総会の会長講演『自閉症の薬物療法−その変遷と問題点−』(児童青年精神医学とその近接領域,51(3):189-199, 2010)
  17. Ten Tried & True Tools to Turn Trials into Teamwork実効性のある本物の小道具でチームワークを目指す(どこかの出版社が出版するときはHPから削除します)
  18. 生きたアセスメントを進めるために(金剛出版刊:臨床心理学,7(3):319-323,2007)

★不登校関連の文書

  1. いじめと不登校の底流
  2. 不登校と子どもの人権
  3. 「規範と逸脱をめぐって−村瀬学と門眞一郎の対談−」(注意!10年以上も前1992年の対談です。村瀬氏は今では同志社女子大教授です。)

★古文書

  1. 自閉症と予測性
  2. キングズレイ・ホール異聞
  3. 児童精神医療における薬物投与
  4. カドの三批判(その1:自閉症CT研究批判)(表1)(表2)(図1)(図2)
  5. カドの三批判(その2:自閉症新薬治験批判)
  6. カドの三批判(その3:登校拒否追跡研究批判)
  7. 自閉症児の日常生活と薬物療法
  8. 児童虐待と親権神話(改稿)
  9. 子どもの非治療的人体実験−福島医大精神科の場合ー(精神神経学雑誌,87(10):685-689, 1985)
  10. 福島県立医科大学神経精神医学教室の一連の人体実験をめぐって(児童青年精神医学とその近接領域,27(3):152-159, 1986)

  児童虐待関連
  1. 児童虐待について

  不登校関連
  子どもの人権関連
  1. 子どもの人権

  その他
  1. 臨床実践における数字の意味

★怪ならぬ快文書

  1. 妻の特別寄稿:切っても切ってもキンタロー


★翻訳書(役所勤めが長かったので,訳書も多いです)

  1. 自閉症の心理治療と教育
  2. 絵によるコミュニケーションPECS

    子どもの虐待関連
  1. 児童相談所用子ども虐待リスク・アセスメント・モデル
  2. 児童相談所用子ども虐待リスク・アセスメント・モデル用書式集

    応用行動分析(ABA)入門書
  1. パイン&ハワース「子どもと親」(親用の行動療法テキスト,1990年にメディカ出版から出しましたが,今は手に入りませんので訳文を微修正して掲載しました。)

そのむかし共著で本を出しました


児童青年精神医学関連リンク

PECS関連のリンク

その他のリンク



トップページにもどる